カートをみる マイページへ ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

西都・児湯の昭和


なつかしきあの日、あの時。

心に残る思い出――「昭和」。

宮崎県―西都市・児湯郡(高鍋町・新富町・西米良村・木城町・川南町・都農町)


西都原古墳群をはじめ数多くの古代史跡が残り、ロマンあふれる西都市、児湯郡。
また、一ツ瀬川、小丸川流域に代表される豊かな自然もこの地域の大きな特徴である。
テーマとなる「昭和」には、大合併により西都市や新富町が誕生し、街並みや道路が急速に発展を遂げるほか、新田原飛行場や落下傘部隊が設置され、軍都としての一面も覗かせる。
本書はこの地で「昭和」時代に撮影された写真600点超を収録した、圧巻のボリュームの写真集である。
丹念な取材により未公開写真を多数発掘。郷土を深く知る執筆陣による分かりやすい解説を付け、ページをめくるごとに当地域の「昭和」がよみがえるよう編集した。
フォトコラムとして、西都市の交通を支えた国鉄妻線、不思議な魅力を醸す高鍋大師などを収録。
初版1,000部限定。
カバー写真は、西都市上町を行く市制施行パレード〈昭和33年〉

〈監修〉
宮野原 泰男(みやのはら やすお)(元西都市史編集委員長)
〈編集協力〉
竹村 茂紀(たけむら しげのり)(日向学院高等学校教諭)
旭吉 法耿(ひよし ほうこう)(西都原古墳研究所所長)


判 型  A4判、上製本
頁 数   280頁(カラーページ16頁)
発売日  2017年8月10日
本体価格 9,250円+税 
ISBN  978-4-908436-06-2

宮崎県西都市・児湯郡内の各書店にて発売中!
またはお近くの書店に、お問い合わせください   


商品についてお問い合せはこちら
■FAX番号:052-801-3148

西都・児湯の昭和

価格:

9,990円 (税込)

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
携帯ページ

■目次■

巻頭カラー 色彩の記憶──カラー写真でたどる郷土の昭和
1 昭和の幕開き
   フォトコラム 高鍋大師
2 戦時下の暮らし
3 戦前戦中の教育
4 戦後の復興
5 変貌していく風景
   フォトコラム 杉安峡
6 地域の祭り
   フォトコラム 互親組と都萬神社例祭
7 交通の変遷
   フォトコラム 追憶の妻線
8 戦後の学校
9 情景スナップ
   フォトコラム 西都原古墳群
   フォトコラム 昭和の子どもたち

こちらもおすすめ

【在庫僅少】都城・小林・えびのの昭和

9,990円(税込)
2015/10/8発売

〈監修〉
山下 真一

〈収録地域〉
宮崎県−都城市・小林市・えびの市・三股町・高原町

ページトップへ