カートをみる マイページへ ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

可児・加茂の昭和


本書は、岐阜県美濃地方中部に位置する美濃加茂市・加茂郡(坂祝町・富加町・川辺町・七宗町・八百津町・白川町・東白川村)、可児市・可児郡(御嵩町)で撮影された「昭和」時代の写真を収録した、圧巻のボリュームの写真集である。 一般市民への公募、また公共機関など多数の取材先から、いままでに既刊類書で発表されていない「未公開写真」を多く発掘。 写真1枚ずつに、郷土を深く知る執筆陣によるわかりやすい解説を付け、ページをめくるごとに、当地の「昭和」がよみがえるよう編集した。 「原風景」ともいえる昭和戦前の郷土のようす、懐かしい町並みや商店街、戦後に激変した郊外の風景、元気な子どもたちの姿などのほか、「今渡ダムの建設」「日本ライン下り」「蚕糸業の消長」「日本を支えた亜炭鉱」など、この地の昭和時代を語るうえで欠かせない事象は、フォトコラムを設け特集した。


〈執筆〉
可児 光生(美濃加茂市民ミュージアム館長)
栗谷本 真(中山道みたけ館学芸員)
〈執筆協力〉
松田 篤(可児市文化スポーツ部文化財課文化財係長)

判 型  A4判、上製本
頁 数   280頁(カラーページ16頁)
発売日  2021年3月12日
本体価格 9,082円+税 
ISBN  978-4-908436-57-4
1,500部限定



ご注文は対象地域の書店、またはお近くの書店にお問い合わせください。


可児・加茂の昭和

価格:

9,990円 (税込)

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

■目次■
巻頭カラー 色彩の記憶──カラー写真でたどる郷土の昭和
フォトコラム 佐野一彦の見た伊深の風景
1 ふるさとの原風景
2 昭和前期の暮らしと人びと
フォトコラム 今渡ダムの建設
3 戦時下の郷土
4 懐かしき町並みと商店街
5 変貌した風景
フォトコラム 追想・ライン下り
6 交通網の整備と変遷
7 暮らしとなりわいの情景
フォトコラム 蚕糸業の消長
フォトコラム 日本を支えた亜炭鉱
8 祭礼と社寺
9 戦後のできごとをふり返る
10 戦後教育と想い出の学舎
フォトコラム 昭和の子どもたち

ページトップへ